登校しぶりが始まったら
『不登校新聞』をお読みください。

学校で苦しんでいる子の気持ちが見えてきます。
それが家庭に笑顔が戻る近道です。

不登校新聞とは

新聞には不登校の子どもや専門家が登場。
実践的で役立つ実体験が語られています。

Note版記事紹介

\point /

紙とWebで読める
不登校の親向け情報紙

相談先や進学先の情報
を毎号掲載

子どもの気持ちが見えてくる「本音」を掲載
少子化が進む中、
不登校は過去最多
ただしそれも氷山の一角で、
30万人以上
どんな子どもや家庭でも
不登校は起きます。
不登校や登校しぶりが始まると
親や周囲は、知らないうちに…
子どもを傷つけて
しまうもの

ムリに登校させたり、
親の不安な気持ちをぶつけたりして、 子どもは元気を失うばかりです。

状況を改善するために、
やるべきことは二つです。

不登校の「仲間」を得る

仲間を得て実際に役立つ情報に沿って行動すれば失敗はぐっと減ります。
詳細はこちら

「その後」に詳しくなる

不登校が怖いのは「不登校のその後」がわからないからです。 不登校の「その後」はどうなるのか。 実例を知れば心に余裕を持って対応できます。

不登校新聞の特徴

当事者が語る本音

親には語りづらかった気持ちや学校で起きたことを語っています。わが子の本音が見えてくるはずです。

親だから語れる実例

「生の声」は実体験だからこそ実践的で役立ちます。大きなメディアでは削られやすい情報です。

相談先や進学先情報

学校へ行きづらい子は、どこで誰が受け入れてくれるのか。フリースクールやオンライン塾などを掲載。

専門家のアドバイス

カウンセラーや心理士など不登校にくわしい専門家が登場し、知見を教えてくれます。

初月無料です

紙版・Web版どちらも、最初の1カ月無料で試し読み可能(申込み翌月末まで無料)。まずは登録してお試しを。

親のコミュニティ

読者どうしだからこそ、安心してわが子のことを話せる場「親コミュ」もご用意。新たなママ友をぜひ見つけてください。

「仲間」と出会うこと
「不登校のその後」に
詳しくなること。
どちらも『不登校新聞』で
可能です。 お試しください。

紙とWebで読める
不登校の親向け情報紙

相談先や進学先の情報
を毎号掲載

子どもの気持ちが見えてくる「本音」を掲載

不登校新聞の読者の声

落ち込んだ時、迷った時、何度も救われています。不登校の経験者、現在も不登校の渦にいる子、親の立場、専門家の話、不登校を取り巻く環境、不登校の全てがつまっているように思います。
同じ悩みを持つ方にも勧めています。

高校で不登校となった娘も、現在は社会人となり、一年、経ちました。不登校新聞は途方に暮れていた当時の私の心の支えでした。

不登校新聞には感謝してもしきれません。息子の不登校が始まり、悲しんで、うろたえて、オロオロしているときに、この新聞に出会いたくさん心を助けていただきました。この価格で半月に一回、とても充実した内容で、リアルな声を聞けることが、毎回楽しみで、待ち遠しいです。

不登校新聞の購読は
初月無料!

※紙版・Web版ともに月額900円