お知らせ

2021.11.15

『不登校新聞』11月15日号発行

■『不登校新聞』566号 2021/11/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/5221/

今号は不登校経験者の親である後藤誠子さんのコラムを載せています。次男の不登校で悩む後藤さんは「もう逃げ出したい」とまで思うようになり、離婚した元夫を頼ったときのエピソードを書いてくれました。ほかの記事では、日光浴を勧められて苦しむ当事者のコラム、心理カウンセラーによる「不登校の親にできる3つのこと」講演抄録などを掲載しています。これらの記事が、親御さんにとっての心の支えになれば幸いです。

===========

≪目次≫(一部)

◎学校へ行きたくない、休みたいと言う子に親ができる3つのこと

◎うつ病には日光浴が効果的だけど注意してほしい当事者への配慮

◎「お母さんはもう無理です」逃げ出そうとした私に息子が書いた文字

◎不登校が思うように「回復しない」。親どうしが交わした言葉とは

◎「死にたい」と悩む子どもへの声がけは3つの手順を

===========

2021.11.03

『不登校新聞』11月1日号発行

■『不登校新聞』565号 2021/11/1発行

https://futoko.publishers.fm/issue/5211/

今回は、第49回衆議院議員総選挙の特集号です。各党の不登校やひきこもりに対する考えが垣間見えます。また、子どもを甘やかすか、厳しくするか、いろんなアドバイスをどう考えればいいのか迷ったときにヒントになる記事も。ほかには、子どもの不登校を通して孤立していくお母さんの経験談、不登校を簡単に心の問題にしていいのか問題提起している記事などがあります。

===========

≪目次≫(一部)

◎不登校に必要な取り組みとは何か、衆院選を前に主要9政党が回答

◎甘やかすか厳しくするか。迷ったらコレをしてください

◎「子どもを殺して自分も死のう」ギリギリまで追い詰められた私が取った行動

◎「不登校」は心の問題なのか。河合塾講師が考えた末の結論

◎不登校の原因、本人と学校で回答に差がある現状を問い直したい

===========

『不登校新聞』10月15日号発行

■『不登校新聞』564号 2021/10/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/5205/

今号は、不登校の子をもつ親御さんが気になる疑問10個を、中1で不登校になった息子をもつお母さんにインタビュー。また、オンライン家庭教師をやっている不登校経験者の山口真央さんに実際のところをお聞きしました。ほかには不登校家庭に起こる兄弟問題の親御さん経験談、ひきこもりは「ムダだった」と語る芸人・山田ルイ53世さんの書籍紹介、社会復帰としてのアルバイトの実体験の記事などがあります。

===========

≪目次≫(一部)

◎勉強を無理強いせず、本人の自信につながるサポートを目指して

◎「お兄ちゃんだけ不登校はズルい」兄弟の不登校問題、どうすれば?

◎ひきこもりは「ムダだった」と語る芸人・山田ルイ53世の深い思い

◎社会復帰の一歩としてアルバイトへ。その発想が罠になりやすい理由

◎「だましたな、嘘ばかりだ」息子が叫ぶきっかけになった学校の対応

===========

2021.10.01

『不登校新聞』10月1日号発行


■『不登校新聞』563号 2021/10/1発行

https://futoko.publishers.fm/issue/5199/

今号は、先生の高圧的な態度をきっかけに小学4年生から不登校になり、母親の理解から徐々に立ち直っていった男性にインタビューしました。また、中1から不登校になり、家で落ち込む子に寄り添ったお母さんへのインタビューも。ほかには、不登校を経験した支援者が執筆するゲームばかりする子への対応方法、子どもの異変を感じつつも気にしないことにしてしまったお母さんの執筆記事、小学生のいじめが減った報道ニュースなどがあります。今号の記事が子どもへどう接したらいいか、少しでもヒントになれば幸いです。

===========

≪目次≫(一部)

◎小学4年で不登校に。僕が行きたくないと言った理由

◎小学生のいじめが減少傾向に。国立教育政策研究所

◎原因不明の体調不良から不登校。苦しんだことと息子のその後

◎ゲームやスマホを没収すべきか? それ、子どもをより追いつめます。

◎その後の不登校につながった「わが子の異変」とは

===========