最新号トピックス

2010.11.15

精神医学テーマに連続講座

 11月17日、神奈川県川崎市にて、連続講座「こども・青年にかかわる人に必要な精神医学の基礎」が行なわれる。主催はNPO法人「フリースペースたまりば」。  昨今、うつやPTSDなど、精神医学に関する用語は専門機関にかぎらず、広く一般的にも用いられるようになってきた。そうしたなか、「たまりば」では精神医学の基礎を学ぶ連続講座を8回にわたって行なう。  講師は児童精神科・小児科医で、林試の森クリニック院長を務める石川憲彦さん。11月17日の講座を皮切りに、「薬物中心医療の問題点」「社会不安」、「うつ病」「依存」など多岐にわたるテーマについて学ぶ。詳細は下記を参照のうえ、お問い合わせを。 シリーズ①「現代の精神医学を理解するために」 ・第1回「精神現象の理解と今日の診断の限界」  日 時 11月17日(水)、午後6時半~  会 場 高津市民館・第5会議室(神奈川) ・第2回「薬剤を中心とする治療とその問題点」  日 時 12月15日(水)、午後6時半~  会 場 高津市民館・第5会議室(神奈川) シリーズ②「安全・安心の病理」 ・第3回「現代人の不安(恐怖とパニック)~生き物の防衛~」 ・第4回「トラウマと解離現象:意識、記憶、イメージ」 ・第5回「社会不安と強迫:自然の消失と人間への防御」 シリーズ③「活力と充足の病理」 ・第6回「乱用と依存:自然的充足と社会的欲望の葛藤」 ・第7回「うつ病とは何か:ストレスとうつ病」 ・第8回「人格とは何か:ミクロ化する人類の処理能力」 講 師 石川憲彦さん(林試の森クリニック)・全8回 参加費 シリーズ①通し参加:5000円/単発参加:3000円     シリーズ②・③通し参加:7500円/単発参加:3000円 主 催 フリースペースたまりば 連絡先 044-833-7562