最新号トピックス

2018.10.30

10年間ひきこもって、ダイニングバーのマスターを始めました

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)は、その後、ひきこもりの当事者会や本紙の取材に参加し、今年5月からバーのマスターを始めた。毎日のように見知らぬ人を接客する仕事だが、どのような経緯でバーのマスターになったのだろうか。その背景や心境の変化をうかがった。