最新号トピックス

2012.10.03

日経新聞らが不登校新聞を報道

nikkei  日本経済新聞が10月3日の夕刊にて、大津中2いじめ自殺事件などの影響を受け、関心が集まっていることを報道した。大津事件以後、「家族に当事者はいないが子どもたちのいまを知りたい」「不登校の孫とどう接すればいいか考えたい」などの声が寄せられ「ニーズが広がっていることを実感した」という編集部の声を紹介した。記事は共同通信が配信したもので、河北新報、沖縄タイムス、京都新聞、下野新聞、西日本新聞、四国新聞、東奥日報でも同趣旨の報道があった。  大手メディアによる『Fonte』の報道は、今年に入って7件目。これまで存続危機を訴える報道が主だったが、盛り返しを報道したのは日経と河北新報が初めてだった。不登校新聞『Fonte』のお申し込みはこちらまで。