最新号トピックス

2014.09.28

不登校の継続理由1位「無気力」、教師と当事者の認識に大きな隔たり

ca8b26d2d4d143f6a00a349873c44dfd 中学3年生のときに不登校だった生徒の5年後を追った追跡調査(不登校生徒に関する追跡調査研究会/座長・森田洋司氏)の結果が文科省から発表された。 不登校経験者1604人のアンケート結果のうち、私がもっとも興味深かったのは「不登校継続の理由」。「いじめ」や「先生との関係」など15項目から不登校経験者がもっとも多く選んだのは「無気力でなんとなく学校へ行かなかったため」(44・4%/複数回答)だった。 記事全文を読む