最新号トピックス

2018.09.19

ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

富良野しおんさんは、不登校中、ゲームが希望になったと語る。どんな気持ちだったのだろうか、富良野さん自身に当時の気持ちを書いていただいた。(『不登校新聞』490号 2018年9月15日)