最新号トピックス

2014.09.03

不登校当事者が語る『『死にたい』から元気になるまで」

小学校3年生から不登校をし、一度は「死にたい」と切に願った女性が、短大を卒業するまでの体験をつづった。不登校だった理由は「いま考えると『いい子』や『優等生』でいなければというプレッシャーが一番大きかった」。不登校を持つ親に「自分が元気になった支えが親だったことを知ってほしい」と思い、今回の執筆に踏み切った。 記事全文へ