最新号トピックス

2014.05.21

『不登校新聞』、親のつながり広がる

1d705734efd44bb8be64359da1d2cdf3  不登校・ひきこもりの子を持つ親こそ支えが必要。そんな思いを『不登校新聞』ではメーリングリストでかたちにしている。メーリングリストとは複数の人に同じメールを送付できる仕組みのこと、これを利用し、不登校新聞では日常的に読者どうしや不登校新聞代表理事の奥地圭子さんら支援者と、悩みや相談ごとをやりとりしている。現在の参加者は230名。不登校新聞は「気になること、不安なことはふいに浮かぶもの、リアルタイムで相談でき、かつ安心できるグループ内で相談できることが人気を呼んでいる」と考えている。メーリングリストは不登校新聞(月820円)を購読すると誰でも参加が可能。 『不登校新聞』申込へ