最新号トピックス

2017.04.17

『不登校新聞』編集長と悠々ホルン氏が講演へ

8acc40efbe5849d097a15fed5490706a
 「ひきこもりと家族」をテーマに「ひきこもり支援相談士川崎支部」が4月22日に講演会を行なう。
 講師は本紙431号に登場したシンガーソングライター・悠々ホルンさん。悠々ホルンさん自身も不登校、ひきこもり経験がある。その経験を活かし、さまざまな生きづらさを抱える人の相談に乗ってきた。これまで400人以上の相談を受け、その一部はネットなどで公開され、話題を呼んでいる。当日は、出会ってきたひきこもり当事者の話をベースに、当人が家族に対してどう思っていたのか、家族にどう接してほしかったかを講演する予定。またひきこもりにちなんだ楽曲も発表する。
790982897a7e491b887cb3b2c90809e7
 もう一人の講師は本紙編集長の石井志昂。中学2年生から不登校。その後、本紙で15年間、不登校やひきこもりについて取材をしてきた。講演では『ひきこもれ』(大和書房)の著者であり、戦後最大の思想家と言われた吉本隆明さんがインタビュー時に話されたエピソードや、本紙で連載された『ひきこもるキモチ』の執筆者・石崎森人さん(当事者)の話をする予定。詳細は下記を参照に。
2017年4月22日(土)/神奈川県川崎市 ■『ひきこもり』と家族~もっとも大切な人間関係。家族関係の原点を見つめて~ 会 場 NPO法人FDA川崎第一事務所     研修室 十五番館ビルディング9階 時 間 13時~17時(開場12時30分) 講 師 悠々ホルンさん(シンガーソングライター)     石井志昂(本紙編集長) 参加費 1000円 定 員 30名(満員になり次第終了) 申込み https://ssl.form-mailer.jp/fms/82850f21485178 連絡先 TEL 044-245-5112 FAX 044-245-5113