最新号トピックス

2014.03.15

鈴木翔、スクールカーストを語る

「同学年の同級生どうしで地位・身分、力の差を何となく感じる状態を『スクールカート』と私は読んでいます」。昨年出版された『教室内カースト』は瞬く間に注目を集める著書となった。もっとも強く反応したのは、現役の学生、または少し前までに学校に通っていた若者たち。子ども若者の誰もが感じていた違和感を「スクールカースト」と名付け、その構造が明らかにされた。 新鋭の教育社会学者が解く、「スクールカースト」とは何か。著書では触れられなかった「スクールカーストが生まれた仮説」も語った。インタビュー全文は不登校新聞に掲載中。 インタビュー全文へ