最新号トピックス

2014.03.06

不登校の居場所「フリースクール」ってどんなとこ?

084b5cd0f34445a4bf91cdc00ae1d298  不登校・ひきこもりの子らが通う「フリースクール」。日本では1980年代に誕生し、現在では全国に約300~400団体あると言われている。法的な定義はないものの、多くのフリースクールの特徴・目指していることは「子どもが安心して居られる場所であること」「子どもの自主性、気持ちを大事にすること」「学びを広く捉え、子ども自身が関心・興味を深めること」「子どもとスタッフが対等な関係であること」「話し合いを中心とし子どもの自治を尊重すること」などで、子どもにとっての安心、子どもの自主性を尊重する場がフリースクールと言える。 全文を読む