最新号トピックス

2013.02.05

不登校の子らの居場所「たまりば」、2.11に講演会開催

 居場所「たまりば」が講演会「いのちを輝かせるために」を開催する。「たまりば」は官制民営の居場所「えん」を運営しているNPO団体。「たまりば」は1991年、川崎高津区で学校や家庭、地域に居場所を見いだせない子ども・若者たちの居場所として活動をスタート。2003年にはNPO法人の認証を受け、同年「川崎市子ども夢パーク」内に「フリースペースえん」の運営を市から委託された。これにより全国に先駆けて官制民営の不登校の居場所が生まれ、子どもらは無料で居場所を利用できることになった。  講演会「いのちを輝かせるために」では講師に松崎運之助さん、松浦幸子さん、水野スウさんが登場する。松崎運之助さんは、元夜間中学校教員であり、映画『学校』で西田敏行さんが演じた主人公のモデル(松崎運之助さんインタビュー)。松浦幸子さんは87年にクッキングハウスを設立し、精神科ソーシャルワーカーとして、地域で心を病む人たちと食事作りや文化学習活動を通じ、障がいや生きづらさを抱えた人たちの支援を続けている。水野スウさんは、1983年より、オープンハウス「紅茶の時間」を始め、富山県や金沢市を中心に、自殺予防のためのメンタルヘルス講座講師を務めている。  「いのちを輝かせるために」は参加費は無料、申し込みも不要。場所、内容等の問い合わせや詳細は下記サイトを参照に。 2013年2月11日 ■「いのちを輝かせるために」 会 場 川崎市総合自治会館 参加費 無料(申込不要) 連絡先 044-833-7562 イベント詳細サイト(PDF) たまりば公式サイト ■たまりばのスタッフの声(過去の本紙掲載分) ■たまり場に通う子どもの声(過去の本紙掲載分)