最新号トピックス

2015.01.14

不登校はなぜ「学校へ行く」と言うのか

e9a0ad3a430948e79e038115c145dbfd 不登校の子どもの多くが、休み始め「学校へ行く」と言う。親、教師、周囲はこぞってそれを支援しようとするのだが、現実には子どもは行かない。「行きたいけど行けない」「今日はムリ」……、いじめがあるのか、教師との関係が悪いのか……。 当事者によると「学校へ行く」「学校へ行きたい」と言う言葉にはもっと別の意味が込められている。 19歳不登校経験者による手記「学校へ行くと言い続けた理由」、『不登校新聞』最新号に掲載中。 手記「学校へ行くと言い続けた理由」