現在の悩み、将来のことは 小中  学生の子を持つ母親が語る不登校

 5月8日、「フリースクールトレーラー」(福島県郡山市)開設1周年を記念して開かれたオンラインシンポジウム「不登校について話す~今だから言えるこどもの立場、今だから聞ける親の立場」(主催・NPO法人寺子屋方丈舎)の講演抄録を掲載する。登壇した4名のシンポジストのうち、不登校の子を持つ母親の佐山さん(仮名)と島田さん(仮名)のお話を掲載する。司会は主催団体代表の江川和弥さん(以下、江川)。

* * *

江川 まずはお子さんの不登校について、お話いただけたらと思います。

佐山 私には中学3年生の娘がいます。娘は中学1年生の1学期に体調を崩したものの「友だちに会いたい」という一心で保健室登校を続けていました。でも、2年生に上がると「学校を休みたい」と言ってきました。娘と話し合って「じゃあ休もうか」となったのですが、それで万事解決とはなりませんでした。友だちと会えないことだけでなく、学校を休んでしまっている自分が許せないと娘は葛藤するようになりました。話しかけてもそっけない態度で、うまくコミュニケーションが取れない時期が続きました。

 そのとき、私は2つのことを心がけていました。家で楽しめることを試行錯誤して実践すること、そして娘が外出できそうな場所にいっしょに出かけることです。そうしたなか、娘が自分で自分を責めることはしだいに減っていきました。

 ただ、最近びっくりしたことがあって。4月から娘がいきなり学校へ行き始めたんです。学校には今も通っていて「ちょっと今日はつらい」という日は学校を休んで家ですごすなど、娘は自分の心と体と相談しながら調整しているという感じです。

島田 私は小学5年生と1年生の息子の母親です。長男が小学1年生の夏休み直前に不登校になりました。行きしぶりから始まり、下痢・嘔吐・じんましんなどの症状があったので「がんばっていた疲れが出たのかな」と、最初は考えていました。ところが、体調がよくなり、いざ学校へとなったとたん「学校を休みたい」と長男が言い出したんです。

 そんなことは絶対ダメだと思っていた私は、長男を無理やり学校へ連れて行きました。泣いている息子の脇を担任といっしょに抱えて校舎に入ったこともあります。というのも、担任から「休ませるとどんどん来られなくなってしまうので、とにかく連れてきてください」と言われていたので、当時の私は「とにかく学校へ連れて行かなければ」と必死になっていました。保健室登校も試しましたし、乗り物好きの長男を市内の周遊バスに乗せてから学校へ連れて行ったこともあります。でも、長男は教室にも入れなくなってしまいました。

なぜ行かせるの

 ある日、長男がこう言ったんです。「なんで行きたくないと言っているのに、僕を行かせようとするの?」って。

 長男の不登校を機に、不登校についていろいろ調べていましたし、学校外にもいろいろな学びの場があることを知って私の考え方も変わりつつあったのですが、家に居てもユーチューブやゲームばっかりになっている息子を見ていると不安ですし、もっと正直に言えば「学校を休むなんてありえないでしょ」という気持ちもなかなかぬぐえなくて。「親としてちゃんとやっている」ということを、先生に認めてほしいという気持ちもあったんだと思います。

 長男のことで言えば、もうひとつ。暴言を吐いたり、暴力を振るうことがしばしばありました。物を壊したり、暴力の矛先が弟に向かうこともありました。一時期は通院の必要があるのではないかと、本気で悩んだほどです。

 そんな折りに出会ったのが「フリースクールトレーラー」でした。通うためには車で片道1時間かかるのですが、そのころには「長男が学校に合わせるのではなく、長男が学びたいと思ったことをできる場所があるなら、それこそ移住してもよい」と思えるまでになっていたので、あまり苦になりませんでした。

 不思議なんですが、長男はどんなに疲れていても「フリースクールトレーラーへ行く」と言います。私が何も言わなくても、みずから出かける準備をします。去年の7月からお世話になっていますが、イライラして荒れていた長男はとても落ち着きましたし、すごく生き生きしているように見えます。フリースクールに通うようになって変化したというより、不登校になる前の本来の長男の姿に戻ったという感じで、親として安心しましたね。

江川 ありがとうございました。先ほど島田さんの話のなかでユーチューブやゲームの話題が出ましたが、学校へ行かずにゲームをしているお子さんを、最初はどのように見ていたのでしょうか?

島田 最初は叱っていました。そんなことをしている場合じゃないでしょって。時間を制限したり、取りあげたこともありましたね。

 でも、不登校に対する考え方が私のなかでだんだん変わっていくにつれ「長男はユーチューブで何を観ているんだろう」というほうに意識が向くようになりました。すると、長男はたんにヒマつぶしで観ているのではなく、自分の好きなゲームの攻略方法や鉄道に関する情報収集をしていることがわかりました。長男にしてみたら、自分が楽しいと思えることの情報を知るためのツールだったんです。

 そう思ったら、熱中して観ていることも気にならなくなりましたし、時間で制限することもやめてしまいました。最近では「何を観ているの?」と私が聞くと、長男は喜んで話してくれるようになりましたし、親子の会話のきっかけのひとつになっているなって思います。

試行錯誤の日々

江川 佐山さんの娘さんは今年4月から学校へ行き始めたとのことですが、それまでのあいだ、親として学校とどういったやりとりをしてきたのか。また、娘さんの再登校について不安な点などはありますか?

佐山 娘が不登校だったとき、学校との連絡を毎日していたんです。「今日は元気ですか?」「学校へ来る気になりましたか?」というシンプルなやりとりなんですが、私にとってはそれがすごく負担でした。体調に関しても、急によくなるわけでもないので、毎日同じ報告をするのがしんどかったですね。

 そこである日、意を決して「連絡は必要なときに、こちらから差し上げます」と学校側に伝え、毎日の電話連絡をやめました。それによって学校とのコミュニケーションに何か問題があったわけでもないので、やり方を変えてよかったですね。

 今後の不安については、やっぱり娘が自分を責めてしまうことを心配しています。学校へ行くか行かないかということより、元気をなくしてしまうことのほうが親としては大きな問題かなって。超能力者ではないので、娘の気持ちを100%理解するなんてことはできませんが、困ったときには頼ってもらえるよう、娘の心が私から離れないよう試行錯誤する毎日、という感じですね。思春期というナイーブな時期ですから、その点も気をつけながらですね。

江川 思春期にさしかかったわが子との距離感の難しさというのは、子どもが小学校低学年のころとはまたちがった部分があると思いますが、工夫されていることなどは?

佐山 私自身は反抗期がすごかったんです。なので、自分のときを思い出しつつ、また必要以上に言葉で話そうとする親の態度にむかつく時期かもしれないと思い、娘とのやりとりは必要最低限にしていますね。「ご飯できているよ」とか「何時にどこへ行ってきます」とメモを残してみたり。

 ただ、父親と娘の関係には細心の注意を払っています。夫には「必要な声がけは私からするから、それ以外はストップね」と伝えているぐらい(笑)。夫も父親として言いたいことはあると思うんですけど、すべてをストレートに伝えすぎてしまって関係がギクシャクするのは避けたいなって。

江川 佐山さんと島田さんは、お子さんの将来についてどのように考えているのでしょうか?

佐山 将来について、私はあまり考えていません。「とりあえず今を楽しみ、元気にすごしていこう」と考えるようにしています。今後もいろいろあると思いますけど、何が起きても親としてどんと構えて娘を受けとめられたらって思います。

島田 私も同じですね。「こうなってほしい」という親の期待があると「そうならなければいけない」と子どもが思い込んでしまう。そうではなく、自分で考えて、決めて、行動しながら将来に向かってくれたらって思います。ただ、私が先に死ぬでしょうから、ご飯の炊き方とみそ汁のつくり方だけは覚えておきなさい、とは伝えています(笑)。

江川 最後に何か一言ずつあれば。

佐山 私の経験から言えることは「とにかくひとりで悩まないでほしい」ということです。私が「フリースクールトレーラー」と出会って救われたように、親だからってひとりで抱え込んでなんとかしようとしないでほしいなって。子育てをしてよかったと思えるタイミングはかならず来ると私は思っていますので「大丈夫だよ」ということを、わが子の不登校で悩む同じ立場の親御さんにお伝えできたらって思っています。

島田 以前、ある方に「子どもを学校へきちんと行かせないと『なんで僕を行かせなかったの?』って将来言われるよ」って言われたことがあるんです。なので、息子に思い切って聞いてみたんです。そしたら息子は「無理やり行かせられたほうが恨むよ」と言いました。それを聞いて「これでよかったんだ」って思えたんです。私も親ですから、不安なこともあるし、悩むこともあります。

 でも、いつかきっと、心の底から笑える日がくる。そう思いながら、息子たちとすごす日々を大事にしていきたいと考えています。

江川 本日はありがとうございました。(了)

紙版の申込みはこちら