栄養不足が不登校を引き起こす? 児童精神科医が指摘する問題点

【質問】先日参加した親の会で、ある方が「不登校に必要な栄養」について話をされていました。聞けば「不登校の子は太陽を浴びていないのでビタミンDが必要」「セロトニンが不足してうつなどになる」とのことで、栄養とサプリで元気になれるという話でした。私としては半信半疑なんですが、医療の専門知識もなく、どう考えたらよいのか悩んでいます。

* * *

 親の会で「ある方」が話されたご意見とは、いくらなんでも「栄養不足が不登校を引き起こす」といった、荒唐無稽な主張ではないでしょうね。
 そうではなく、「うつ」「元気」などの言葉が使われているところから推測すると、おそらく「栄養不足→うつ病(の結果としての不登校)」という、ご意見なのでしょう。

 まず、ビタミンDに関していえば、たしかに季節性うつ病と呼ばれる病気については、ビタミンDとの関連が指摘されています。

 しかし、これには日照時間の短い冬から春にかけて症状が現れるという特徴があります。また、重症のうつ病に関してはビタミンDの投与が有効だとする、少数の研究があります。しかし、これには当然にも、登校できないこと以上に、興味・喜びの減退や自殺企図といった、さまざまな抑うつ症状が伴います。こういった諸症状を見落として学校へ行かないことだけを問題視するなら、それは誤診ですし、またサプリメントだけでうつ病の治療を行なうなら、医療過誤になってしまうでしょう。

 もちろん、骨密度に与える影響を考えると、太陽を浴びる時間が少ない人はビタミンDを多く摂取すべき、という意見はありうるでしょう。でも、それは外出の少ない子どもにかぎっての話ではなく、オフィスワーカーでも緯度の高い場所で暮らす大人でも同じです。

セロトニンとうつの関係性

 つぎに、セロトニンについてですが、うつ病はセロトニン不足のために起こるという一種の神話が、まことしやかに流れていますね。

 このような神話が一部で出現したのは、アメリカのゴア元副大統領夫人(どんな人かはネットで検索してください)あたりが広めたからのようです。

 反対に、イギリス精神薬理学会事務局長だったヒーリーという人は、「今日に至るまで、うつ病でのセロトニン異常が証明されたことは一度もない」と述べています。

 考えてもみてください。うつ病はセロトニン不足のために起こるといった単純な話が事実なら、製薬会社が抗うつ薬の開発競争に、しのぎを削る必要はなくなってしまいます。

 以上のとおり、「栄養不足→うつ病(の結果としての不登校)」という図式は成り立ちません。
 ここからはいわば老婆心ですが、「ある方」のようなご意見が出てくるのは、不登校を「治療」の対象として考えているせいではないでしょうか。だとすれば、そっちのほうが心配です。(高岡健)

【プロフィール】
(たかおか・けん)1953年生まれ。児童精神科医。岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター児童精神科部長。著書に『不登校・ひきこもり』(青灯社)、『引きこもりを恐れず』(ウェイツ)など多数。

紙版の申込みはこちら