理不尽に子どもの命が奪われた 「風の子学園事件」から30年

  1991年7月30日、広島県三原市の小佐木島にあった民間施設「風の子学園」で、同学園に通っていた当時14歳の少年と16歳の少女の2人が熱中症により死亡する事件が起きた。事件発生から30年、「風の子学園」事件をふりかえりつつ、不登校の今を考える。

* * *

 「風の子学園」は不登校や非行などの子どもを対象にした宿泊型施設だった。親元を離れ、自然に囲まれた環境のなか、座禅をしたり、
馬などの動物を飼育する体験活動ができると呼びかけ、入園者を募っていた。

 そうしたなか、事件は起きた。喫煙の懲罰として、少年ら2人は手錠をかけられ、園内にある鉄製の貨物コンテナ内に監禁された。真夏の炎天下、窓もない密閉されたコンテナ内の温度は40度以上に達していたとされており、そのなかに40時間以上にわたって監禁され、命を落とした。

 「風の子学園」で行なわれていたのは、教育や指導とは名ばかりの虐待行為であり、けっして許されるものではない。

 ただし、子どもを矯正する目的で活動していた民間施設において、子どもが死亡する事件は「風の子学園」にかぎった話ではない。「不動塾」「戸塚ヨットスクール」「アイ・メンタルスクール」などがある。

「首縄」は過去か

 「風の子学園」事件を考える際、もうひとつふれておきたいことがある。不登校の歴史のひとつとして「首縄時代」と呼ばれていた時期がある。1980年代のことだ。「首に縄をつけてでも学校へ戻すこと」がよしとされ、自宅から子どもを強引に連れ出す事例があいついだ。

 過去のこと、と思われるかもしれないが、愛知県半田市で昨年12月、市内の小学校の女性教諭が不登校だった男子児童を無理やり学校へ連れ出していたことが今年6月に報道された。不登校に対する社会の認識は変わりつつあると見る向きもあるが、子どもの声を無視した「学校ありき」の対応がなくなったわけではない。

 不登校をどう捉えるか。またその際の視点として重要なことは何か。それは「子どもの命の側に立つこと」である、と私は考えている。

 昨年、子どもの自殺が過去最多となったことを受けて行なわれた調査によると、子どもの自殺が増える前に、インターネット上で検索された関連する言葉は「学校 行きたくない」だったという。これは子どもからのSOSである。

 他方で、国も動いている。不登校も対象となる「こども庁」創設の検討が現在進められている。また、今年9月の「デジタル庁」発足を見据え、子どもの学習履歴などをマイナンバーにひもづけて管理する仕組みづくりなどを盛り込んだ計画が6月18日に閣議決定された。

 不登校をはじめ、今起きている問題は、子どもを一元的に管理・把握することで解消されるのだろうか。本当に必要なことは、子どもの命という視点に立ち、子どもの声を聞き、「子どもの権利」を前提に、取り組みを進めていくことではないだろうか。

 それが、30年前に理不尽かつ一方的に命を奪われた子どもの悲劇をくり返さないために今あらためて考えるべきことであり、この瞬間も発せられている子どものSOSに応答するうえで必要なことである。(編集局・小熊広宣)

紙版の申込みはこちら