ひきこもり当事者の居場所は、 コロナ禍でどう変わったのか

 コロナ禍の当初、オンライン飲み会が一時期流行ったが、徐々に下火になり、今ではあまり開催されなくなった。それはきっと「心地よくない」からだろう。

 私は一般社団法人ひきこもりUX会議の理事のほかに、当事者発信メディア『ひきポス』の編集長としても活動している。コロナ禍以前は、月に一度、執筆陣で公民館に集まり、特集の方向性、座談会、生きづらさ問題について話し合う編集会議を行なっていた。そこにコロナ禍が訪れ、編集会議はオンラインで開催することとなった。

 一言で言えば、オンラインはむずかしい。まず物理的な点で言えば、回線状況がそれぞれちがうので、会話のタイミングが対面で行なわれるのとくらべるとズレが生じやすい。同時に話し始めたり、リアクションが遅れたりというだけで、会話の心地よさが削がれる。また、雑音が入ったりするので、発言者以外は基本的に音を出さないようにしている。なので発言への反応がわからず、対面のときにあったような「場の盛り上がり」のようなものが生まれにくい。

 とくに編集会議は20人前後で行なっているので、よりそれがむずかしくなっている。また、対面のときの休憩時間はいろいろな人と語るよい機会であったが、オンラインでの休憩時間は各人がひとりで取るので、つながりが持ちにくい。

 そして何より、話が通じる人と、対面で話すのはそれだけで心地のよいものなのだということを認識させてくれる。人がリアルで会うというのは、根源的に力強さがあるのではないか。オンラインだと、どうしても情報交換以上の感覚を得にくい。これを欠くからなのか、信頼関係や仲間意識を築くのがむずかしくなった。編集会議のおもしろさは減少してしまったが、それでも参加してくれる執筆陣には感謝しかない。

 オンライン開催での工夫としては、せめてファシリテーターはリアクションをはっきり伝える。会話に入りにくいので、順番に発言してもらう。疲れやすいのでこまめな休憩。時間の制約がなく延びがちなので、設定時間内に終わらせる。会の終了後に、少人数でおしゃべりする雑談タイムを設けるなどを行なっているが、まだまだうまくいってるとは言えない。

 オンラインでの利点もあり、調子がいまいちでも参加できる、距離的な制約がないので、日本中から参加できるというのもある。とくに後者のおかげで「ひきこもりと地方」といった特集が実現した(発売は2021年秋予定)。

 コロナ禍により、さまざまな新しい見識が生まれたが、「人は対面で話すことにそれだけで心地よさを感じる」ということに気づかされたことは大きいのではないか。(『ひきポス』編集長・石崎森人)

■筆者略歴/(いしざき・もりと)
1983年生まれ。幼い時から生きづらさを抱え、24歳から2年半ほどひきこもる。ひきこもり経験者発信メディア『ひきポス』の編集長。

紙版の申込みはこちら