お知らせ

2019.03.14

『不登校新聞』3月15日号発行


■『不登校新聞』502号 2019/3/15発行


https://futoko.publishers.fm/issue/4531/

小学6年生でひきこもったという原野有里さん(東京シューレ流山スタッフ)に今号は登場してもらいました。学校復帰を焦るなかで起きた「心の異変」をていねいに語っていただきました。今号は、このほか新年度を控えた今だからこそ読んでほしいコラムや、80年代に不登校をした美術家も登場します。『不登校新聞』編集長・石井志昂

===========

≪目次≫(一部)

◎ 風呂に入らず、昼夜逆転も、私のひきこもりが自然に終わった理由

◎ 進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

◎ 「行こうと思う、けど行けない」葛藤する娘の心の変化とは

◎ 「全日制の高校に行ってみよう」高校進学に悩んだ際の私の決め手

◎ 「あなたのためを思って」その言葉、本当は誰のため?

◎ 8年間不登校だった私が、学校へ行かずに学んだこと

◎ 「不登校の時間をクリエイティブに」美術家・風間サチコさんに聞く 他

===========