お知らせ

2018.10.30

『不登校新聞』11月1日号発行

■『不登校新聞』493号 2018/11/1発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4424/

 11月1日号を発行しました。今号は「人と関わるのが怖かった」と10年間ひきこもっていた男性がバーのマスターを始めるまでをまとめたインタビュー。そして不登校は「お母さんのせいだ」と詰め寄られた母親の手記などを掲載しています。どれも「実感」がこもっていました。どうぞお読みください。『不登校新聞』石井志昂

===========

≪目次≫(一部)

◎10年間ひきこもって、ダイニングバーのマスターを始めました

◎不登校は「お母さんのせいだ」子どもから言われ刺さった一言

◎「あの子たちを憎む私が嫌いだった」当事者しか解らない不登校の苦痛

◎私に必要だった“愚かな行為”

◎別室登校だから始まった私の「新しいこと」【別室登校中の14歳手記】

◎「信号がずっと赤だったらいいのに」車で送迎される不登校の子の本音

◎全国に先駆けて千葉県で始まる 教育機会確保に関する条例づくり

◎1970年代に登校拒否、大学准教授に聞く「身を切る痛みから」 他

===========