お知らせ

2019.11.29

『不登校新聞』12月1日号発行

■『不登校新聞』519号 2019/12/1発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4728/

今号はなんと「おばあちゃんが語る孫の不登校」を掲載しました。これはホントにめずらしいことで、ようやく紙面化できたといえるでしょう。このほか、当事者、親、フリースクールの立場から生の声を集めてきました。『不登校新聞』編集長・石井志昂 

===========

≪目次≫(一部)

◎「不登校は悪いことではない」孫の不登校で固まった祖母の決意

◎9年連続で「人間関係」がトップ 子どもからの電話相談

◎「不登校の原因はどこにある?」その対応が子どもを追いつめる

◎小学生の不登校は行き場がない、全国的な課題になってます

◎不登校解決に向けた親への助言が聞いててつらい理由と親の会の意義

===========

2019.11.15

『不登校新聞』11月15日号発行

■『不登校新聞』518号 2019/11/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4720/

現役の不登校当事者、そして親へのインタビューをしました。また、HSCや社会臨床の原則など、不登校がより深く理解できるためのコラムも掲載しています。『不登校新聞』編集長・石井志昂 

===========

≪目次≫(一部)

◎「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

◎「みんなできるのに何でできないの」そんな考えが一変した子どもの姿

◎不登校の親子関係を良好にする7つの原則をご存じですか?

◎「息子がやっと笑顔になった」父親が歩んできたわが子の不登校

◎あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

===========

2019.11.01

『不登校新聞』11月1日号発行

■『不登校新聞』517号 2019/11/1発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4709/

人気絵本作家・ヨシタケシンスケさん、14歳の不登校の子へのインタビューを掲載しています。またひきこもり経験者に「7年ぶりに自分の部屋から出た日」に起きたことを書いてもらいました。事実は小説より奇なりと言いますが「意外だな~」と思わず口に出したコラムでした。『不登校新聞』編集長・石井志昂 

===========

≪目次≫(一部)

◎「イヤなことからは逃げてきました」絵本作家・ヨシタケシンスケさんに聞く

◎7年ぶりに部屋から出た僕に、母が言った意外な一言

◎不登校は過去最多16万人、統計史上2番目に多い増加

◎不登校・ひきこもりの家族が 迎える5つの関門【新連載】

◎同伴登園だった息子が『ママ離れミッション』でとった行動は

===========

2019.10.18

『不登校新聞』10月15日号発行

■『不登校新聞』516号 2019/10/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4698/

きっと『私の不登校の整理』というものには10年、最低は10年はかかるのではないかと思っています。不登校してから10年以上が経ち、いま言葉にできることをインタビューと手記でまとめました。そのほか今号ではHSCの親のコラム(勉強、登園しぶり)、「見守る」についてなどを取り上げました。『不登校新聞』編集長・石井志昂 

===========

≪目次≫(一部)

◎中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

◎ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

◎わが子の勉強の遅れが気になるときの親の心構え

◎10代前半の自殺、100年ぶりの高水準に上昇

◎「見守るのがつらい」親がそう思ったら読んでほしいこと

===========