お知らせ

2018.09.19

『不登校新聞』9月15日号発行

■『不登校新聞』490号 2018/9/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4396/

 今号は「不登校からの居場所の見つけ方」「ひたらすらゲームにハマる子どもの心境」など当事者手記を掲載しました。また9月15日に亡くなられた樹木希林さんのインタビュー記事(再掲)も載せています。『不登校新聞』 石井志昂

===========

≪目次≫(一部)


◎「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

◎就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

◎ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

◎子どもが不登校になったとき 親にできる「居場所」の見つけ方

◎新連載マンガ「私の不登校ものがたり」はじまり編

◎熊本県から『不登校新聞』の会議に行ってみた

◎「利己的行為は結局、自己の利益を損なう説」(本田由紀)

◎学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには 他

2018.09.01

『不登校新聞』9月1日号発行

『不登校新聞』 489号 2018/9/01発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4375/


★ 学校に行きたくないあなたへ 羽生善治

 気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするようなもので、苦しさを自分でコントロールできません。しかし、それが永遠に続くわけでもないのです(棋士・羽生善治)

===================

《目次》(一部)

◎ 学校に行きたくないあなたへ 棋士・羽生善治のメッセージ

◎ 学校に行きたくないあなたへ 僕は君に生きてほしい 春名風花

◎ 夏休み明けは子どもがつらい時期 親がしてはいけない2つの対応

◎ 学校に行けないことは“悪” 不登校している自分を認められず【新学期前の心境】

◎ ブログで広がった不登校後の世界 人との出会いも増えるきっかけに

◎ 不登校歴12年、私は「その後」の情報がほしかった

◎ いじめ問題の専門家が考える いじめ解決のポイントは? 他

2018.05.09

『不登校新聞』創刊20周年集会のお知らせ

 今年5月1日をもって不登校新聞がが創刊20周年を迎えました。2012年には休刊危機に陥るなど、一時は発行も危ぶまれましたが、読者のみなさんのおかげで部数も回復しました。5月27日には、20年の歩みをみなさんとふり返り、21年目以降も「当事者視点」の紙面充実を目指すため、集まりを持つことにいたしました。ご予定いただけますと幸いです。



■『不登校新聞』創刊20周年集会「子どもの“命”の側に立ち続けて」
日 時 5月27日(日)13時半~16時半
会 場 六郷地域力推進センター(東京都大田区仲六郷二丁目44番11号)
参加費 500円(資料代)
内 容 講演会(多田元、奥地圭子)、子ども若者編集部公開会議など
主 催 NPO法人 全国不登校新聞社

そのほかご不明な点は東京編集局までお問い合わせください。

NPO法人全国不登校新聞社 東京編集局
〒114-0013東京都北区岸町1-9-19
(電 話)03-5963-5526
(メール)tokyo@futoko.org