お知らせ

2020.05.28

『不登校新聞』6月1日号発行

■『不登校新聞』531号 2020/6/1発行 https://futoko.publishers.fm/issue/4857/ コロナ禍による緊急事態宣言が解除され各方面で収束に向けて動きがある一方、全国各地で分散登校が始まるなど、子どもへの圧力に懸念の声があがっています。今号ではコロナ関連の記事をはじめ、家庭での勉強についてヒントになる記事をご用意しました。(編集部) =========== ≪目次≫(一部) ◎「最低限の安心がほしかった」、不登校の私が高認受験した理由 ◎コロナ禍における不登校の生活、親がいま気をつけるべきこと ◎子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと ◎「自分にあった学び方や働き方を選べる社会」を僕はつくりたい ◎体験したからわかる充電の意味、勉強を始めるその前に大事なこと ◎親のステイホームで家がつらい、「自粛」をめぐる不登校の本音 ===========

2020.05.18

『不登校新聞』5月15日号発行

■『不登校新聞』530号 2020/5/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4845/

新型コロナウイルス感染防止に伴う緊急事態宣言から1ヶ月が経ち、不登校の現場にも影響が出ています。今号ではコロナの影響によるフリースクールの現状について取材しました。そのほか、不登校・ひきこもりに関する情報など幅広く取り揃えています。先の見えない不安が続きますが、そんなときのひといきになれば幸いです。(編集部)

===========

≪目次≫(一部)

◎緊急事態宣言から1カ月、フリースクールの現状は

◎「私には不登校が必要だった」19歳女性がそう思う理由

◎「勉強しなきゃ」と焦るわが子に、親がかけてあげるべき言葉

◎ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

◎ヤンチャやいじめが理由じゃない、僕の不登校

◎子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

===========

2020.04.30

『不登校新聞』5月1日号発行

■『不登校新聞』529号 2020/5/1発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4838/

ゴールデンウイークに向けて自粛が呼びかけられ、不安な思いを抱える人も多いと思います。今号はコロナの影響と不登校をテーマに情報をお届けする一方で、当事者が感じる率直な思いも詰まった紙面になっています。(編集部)

===========

≪目次≫(一部)

◎コロナで慌しいなか、家庭で安心してすごすために

◎休校期間は家庭学習を 文科省が全国に通知

◎不登校からの進路、「本人次第」と任されて見えたこと

◎「グループ内の人間関係に苦しんできた」不登校の当事者手記

◎当事者から見た9月1日関連報道、「休んでいいよ」は救いになるか

===========

2020.04.14

『不登校新聞』4月15日号発行

■『不登校新聞』528号 2020/4/15発行

https://futoko.publishers.fm/issue/4830/

コロナの感染拡大を受けて、ほんとに先の見えない不安が広がっていますね。不登校の人の「ふだん」に大事な情報を発信しつつ、コロナのことについてもなるべく関連情報を発信したいと思います。『不登校新聞』編集長・石井志昂 

===========

≪目次≫(一部)

◎緊急事態でもやることがない。不登校どうし話でもしませんか。

◎「不登校だったけど優等生になる」その誓いが諸刃の剣だった理由

◎「するよと言いながらしない」不登校の子どもの心の内側

◎不登校を親が理解すると子どもはどう変わるのか

◎現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

===========