大津いじめ自殺が注目を浴びている。2006年に北海道滝川市小6女児いじめ自殺が起きてから約6年。この間、報道のなかで「いじめ自殺」が疑われるケースは18件もあった。北海道滝川いじめ自殺の遺族は大津の事件に対し「自分たちの学校、教育委員会を見ているよう」だと語った。なぜ、いじめ、いじめ自殺がくり返されるのか。その裏では「いじめ自殺」が徹底して裁判で敗れてきた歴史も見落とすことができないだろう。8月の特集は「いじめ自殺裁判」の当時のニュース記事を掲載することで「いじめ自殺の裁判史」の一端を知っていただければと思っている。