最新号トピックス

2015.09.15

多様な教育機会確保法案、今国会上程を見送り

フリースクールや自宅などでの学習を新たな教育制度として位置づける法案「多様な教育機会確保法案」(義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案)は、今国会の上程が見送られることとなった。 同法案は、フリースクールと夜間中学校の議員連盟から条文案が提示されており、今国会成立を目指し、9月2日から各党手続きに入っていた。しかし、自民党内から、法案の趣旨には賛同できるものの「不登校を助長するのではないか」などの異論が出され、引き続き、党内での議論を継続。他党からも議論継続を望む声があった。 議員連盟の座長・馳議員は「臨時国会成立を目指し議論を深めたい」と話している。(石井志昂)